汗くさいという言葉はあるが・・・

温泉やサウナ  汗くさいという言葉があるので、汗が匂いの原因と思ってしまいがちなんですが、基本的に汗は無臭であることが分かっています。そうれなければ、サウナなんて入った瞬間・・・なことになりますよね、苦笑。とはいえ、運動の後の服や、仕事を終えた後の靴や靴下の匂いを思い浮かべると・・・ですよね。

臭っているのは汗ではなく皮脂

汗をかく女性 臭いの原因は汗ではなく、皮脂が原因であることが分かっています。しかし、汗と相まっていることがほとんどで、目につくのが汗なので汗くさいという言葉が生まれたんだと思います。汗にしてみたら無実の罪を着せられているようなもんですね、苦笑。

 ワキガやスソガのことについて調べている人なら1度は聞いたことがあるかと思いますが、汗を分泌する器官は2種類存在し、一つはエクリン汗腺、もう一つはアポクリン汗腺です。そして、臭いの問題となるものはアポクリン汗腺であると、いうことを知っているかと思います。しかし、このアポクリン汗腺から出てくる汗も、基本的には無臭に近いものなのです。

 ただ、アポクリン汗腺から分泌された汗は、タンパク質を含んでおり、粘りがあることから雑菌と結びつきやすい性質があるので、臭いの元になりやすいのです。以下、表に簡単にまとめてみました。

エクリン汗腺 アポクリン汗腺
汗の色 無色 無色~薄黄色
分布 全身 脇、耳、乳輪、ヘソ
陰部、肛門周辺
ニオイ 無臭 最初は無臭
悩みの問題 多汗症 ワキガ、スソワキガ

皮脂+雑菌=臭い

雑菌

 臭いを発生させる方程式があるとしたら、この計算式になります。皮脂+雑菌=臭いです。つまりスソガも含め、臭いを抑えるためには

  • 皮脂をどうにかする
  • 雑菌をどうにかする

 この2択に限られてくるということですね。これ以外に、他の匂いでカモフラージュするという行動がどれだけ問題の解決にならないのかは言うまでもないことがわかりますね、苦笑。

 では、以下からスソガを含む、ニオイケア対策の実例をいくつか紹介していきたいと思います。

皮脂や角質をためない

泡

 雑菌のエサとなってしまう皮脂や角質(要は垢ね)をためないことが重要です。あそこ周辺は体の形状が他の部分と異なり洗いにくいこともあり、洗い残しがあったり、洗っていたとしても汚れやすかったりする部分です。そうならないように1日1回きちんと洗うことが大切だということです。

 とは言え、特別ゴシゴシ洗ったり、奥の方まで洗いすぎるようなことは逆効果になります。しっかりと泡立てたソープと指の腹で優しく洗うだけで十分です。

 あそこの洗い方について 

毛を処理しておく

脱毛

 ワキガでもスソガでも似たような現象があるのですが、毛は雑菌の住処になりますので、毛を短く処理しておくだけでも随分変化が見られます。

 ただ、お肌を傷つけてしまっては別の問題となりますので、カミソリで優しく剃るか、短くカットしておくくらいでもいいかと思います。場合によっては、VIO脱毛なるものもありますので、専門の脱毛サロンで処理してもらうことをオススメします。

通気性や蒸れ対策をする

ショーツ

 汗がこもってしまうような化学繊維のショーツなんかはできるだけ避けることをオススメします。汗をかいた後で時間が経ってくると臭うので、通気性の良い下着や、布ナプキンなんかを工夫すると良いかと思います。

殺菌・制汗剤を使う

 当サイトでは、制汗・殺菌できるクリーム剤なんかを中心に紹介していますので、気軽に、でもしっかり対策したいのであれば、まずはこちらになるかと思います。詳しくはこちらのページを読んでもらえたらと思いますが、家庭で行う最強の対策法がこれかと思いますね。これでも気になる場合、もっと対策をしたい場合は手術へと進むのかと思います。

 対策クリームについて 

スソガ手術をする

 おそらくこれが最終手段ではないかと思います。ただ、まとまったお金が必要なこと、ある程度のリスクがあること、などは覚悟しないといけないところだと思います。詳しくは先のページで紹介していますので、そちらをご覧ください。

 スソガの手術について 

このページのまとめ

 全般的なことをざっくりと紹介しましたが、汗が直接的なニオイの原因ではないことが分かったかと思います。雑菌と皮脂が大きな原因となっていますので、汗対策よりも雑菌と皮脂対策を中心に行うことが大切なのです。

  • 皮脂や角質をためない(正しく洗う)
  • 毛を処理しておく
  • 通気性や蒸れ対策をする
  • 殺菌・制汗剤を使う
  • スソガ手術をする

 上から順番にお金がかからない対策となっていますので、上から順番に挑戦していくと良いと思います^^程度によってはお金をかけずとも改善する可能性もありますので、体質にあわせた対策が必要なんだと思います^^

Page top icon